MENU
千葉市中央区の小児科 つばきこどもクリニック

インフォメーション

椿の花通信

椿の花通信 96号(3月号)

予防接種についてのお知らせ

母子手帳を必ずお持ちください
接種の際には間隔などの確認が必要となるため、母子手帳がない場合は接種をお断りさせていただきます。
ワクチンの種類のご連絡をお願いします
予防接種・健診の時間でのご予約の方は前日まで
診察内での接種される方はご予約の方は当日9時以降
ワクチンの種類のお電話をお願いします。ご連絡なしに直接来院された場合、ご予約されていてもワクチンの在庫がない場合は、接種をお断りさせて頂くこともございます、ご了承ください。
MRワクチンはお済みですか?
公費(無料)での接種は3月31日までとなります。
まだお済みでない方は、期間内での接種をお勧めします。
対象の方:
第1期 1歳以上2歳未満
第2期 5歳以上7歳未満で小学校入学前1年間
問診票はお持ちですか?
受付の際、事前に記入された問診票を提出して頂けるとスムーズに進行ができます。
公費の問診票は千葉市から配布される『予防接種で元気なこども』に添付されていますので、そちらをご利用ください。
また、自費ワクチン等問診票をお持ちでない方は受付でお声をかけ下さい。
★他院の印が押された問診票は使用できません。
★記入漏れ・誤りはありませんか?
出生時体重・1ヶ月以内に受けた注射(種類と日付)など
定期接種に保護者が同伴できない場合
親族(祖父母・保護者のきょうだい)であれば、委任状持参により、保護者代理となって頂けます。

クリニックからのお願い

進行状況に表示されている番号に次の方のカルテは、すでに診察室にまわっています。そのため直前に来院された場合、お取りになった番号よりも順番が後になり、合間でお呼びさせて頂くことになりますので通常よりもお待たせしてしまう場合があります。予めご了承ください。
進行状況は日によって大きく異なりますので、順番を確認の上、余裕をもった来院をお願いいたします。

心理カウンセリング外来 Q&A 赤ちゃんがえり

Q:弟/妹が生まれて、兄/姉が赤ちゃんがえりしちゃったみたい。どうすればいいですか?
A:今まで出来ていたことが出来なくなったり、親御さんにべったりになる「赤ちゃんがえり」。弟や妹が生まれた、お休みしていたお母さんが職場復帰したなど、赤ちゃんがえりが始まったのと同時期に、家族や生活の変化があった場合に多いようです。
守られる、安心できる立場である赤ちゃんに戻ることによって、環境変化からくる不安を和らげようとしているのでしょうか。これは一種の防衛本能が正常に働いている証拠。赤ちゃんがえりは、子どもの心の成長を促すチャンスもあるのです。赤ちゃんがえりを「サイン」ととらえて、お子さんが何を感じているのか想像し、それからスキンシップや言葉がけを増やし、安心させてあげてください。「もう大きいんだから」「お兄(姉)ちゃんなんだから」を連発してプレッシャーをかけるのはNG。心のエネルギーが貯蓄されてくれば、また大人に向かって歩み始めてくれるはずです。
それでも「これはちょっと心配」ということがあればご相談を。

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまとそのご家族を対象に『心理カウンセリング外来』を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
3月の予定:7日(金)、8日(土)、22日(土)、28日(金)

担当 : 西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 95号(2月号)

予防接種はお済ですか?

近年、任意で受ける予防接種に関して「水ぼうそうやおたふくかぜは間隔をあけて2回接種する」「肝炎や肝臓がんの予防にB型肝炎ワクチンを接種する」など、ワクチンで防げる病気は積極的に予防する考え方に変わってきています。お子さまの母子手帳をご覧頂き、接種していなかったり所定の回数を受けていなかったりするものは積極的に接種してください。
なお、4月からの消費税増税に伴い、自費ワクチンの価格の改定させていただきます。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

心理カウンセリングだより Q&A イライラをなんとかしたい

:イライラしてしまい、つい子どもを叱ってしまいます。いつも穏やかでいられる方法はありませんか?
: 忙しかったり疲れていたりすると「つい」イライラしてしまうことがありますよね。面白い方法があります。自分自身のせいではなく、邪魔している「虫」がいるんだと考えてみるのです。増井「こころの生理学」より)
1)私の邪魔をしている虫は、どんな虫かな?と思い浮かべて、その名前とイメージや形を紙に描く(1匹に月1枚。何匹でも可)。
2)次は「虫退治」。どうすれば自分の気が済むか、すっきりするのかを考えて、1匹ずつ退治します(例えば細かく破って捨てる、など)。その場で実行できないものは(宇宙空間に飛ばす、など)は紙を折り曲げて「○○する」と書きます。やりやすい虫から始めて全部を退治してください。
3)最後に、「虫退治」をした自分はそこにそのまま置いて、その自分から抜け出すような気持ちで、自分のことを外から眺められるような位置に身体を移動させます。眺めたいと思うベストな位置と距離を探してください。その位置が決まったら、そこに居る自分から「OK!」と言ってもらって終了です。
一種の「イメージ療法」になりますが、お子さんでも出来る手法です。興味があったら一度お試しください。 
 
当院では、乳幼児から中学生までのお子さまととのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
2月の予定:8日(土)、21日(金)、22日(土)、28日(金)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 94号(1月号)

インフルエンザの流行期を迎えます!

千葉市内におけるインフルエンザ発生件数は、12月最終週で一医療機関あたり3.0人/日とその前の州の1.2から増加傾向にあり、これが10を超えると注意報となります。皆様も人ごみなどに出かける場合や、公共の交通機関を利用される場合は、マスク・手洗い・うがいを必ず行ってください。
またクリニックでは、これまで通り、来院時の手指消毒と当院にいらっしゃる皆様のマスクの着用をお願いしております。(1歳未満のお子さまは除く)
「病院で病気にうつりたくないから受診したくない。」「待たないで早く診てもらいたい。」とおっしゃる保護者の方を時折お見かけします。皆様、気持ちは一緒です。自分が被害者にも加害者にもなってはいけません。ぜひ手指消毒とマスクの着用にご協力ください。
例年通り、インフルエンザ感染が疑われる状況があるお子さまは、事前にインフルエンザ検査を行います。接触などある場合には、その状況を受付にお知らせいただきますようお願い申し上げます。

心理カウンセリング外来 1月の予定

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまとそのご家族を対象に『心理カウンセリング外来』を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
今月の予定:10日(金)、11日(土)、17日(金)24日(金)、25日(土)

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 93号(12月号)

心理カウンセリング外来 Q&A ソーシャルスキルって?

:「ソーシャルスキル」ってなんですか?周りとうまくやっていくための方法ということだと思いますが、どうすれば身につきますか?
:「ソーシャルスキル」とは、“基本的な人づきあいの技術”(渡辺弥生『親子のためのソーシャルスキル』より)のことです。お友だちや家族、周囲との関わりの中で身つけていくものですが、基本作りは親御さんのお仕事ではないでしょうか?といっても、難しいことではありません。
子どもが大きくなるまでずっと親がそばについて、あれこれ手や口を出すことはできません。人との関わりで困ったとき、あるいは困らないように、どのような行動をとればよいかを子どもが自分で考えられるように、仕向けていけばよいのです。第一歩として、「こうすべき」ではなく「どうしたい?」「どんな気持ち?」という視点で子どものことを観察してみてください。新しい発見があるかもしれません。

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまとそのご家族を対象に『心理カウンセリング外来』を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
今月の予定:6日(金)、14(土)、21日(土)、27日(金)、28日(土)

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 92号(11月号)

不活化ポリオ(追加)をお忘れなく

不活化ポリオが開始されて、1年以上が経過しました。
昨年、2回もしくは3回の初回接種が住んでいる方は、まもなく追加接種の時期となります。母子手帳を確認して頂き、最後に接種された日より12ヶ月~18ヶ月の間に1回追加接種を行って下さい。
なお接種の際には必ずワクチン種類の事前連絡をお願いします。

心理カウンセリングだより Q&A 運動が苦手?

Q:うちの子どもは運動が苦手。姿勢も悪いです。休みの日には家族で公園に出かけて遊ぶようにしているのですが、何か運動系の習い事もさせたほうがいいのでしょうか?
A:家族と公園で遊ぶのは、体を動かすことに加えて楽しい体験にもなり、一石二鳥ですね。親御さんが入れ込みすぎて「スパルタ」にならなよう、お気を付け下さいね。
お子さんが小さいうちは、特定の動きを繰り返すスポーツだけでなく、身体感覚を養う遊びはどうでしょうか?背中に指で文字や記号を書いて何を書いたかあてっこしたり、ブランコや回転する椅子に座ってグルグル回る、ストレッチやおしくらまんじゅう、親御さんにぶら下がるなど、楽しく体を動かしたり触覚を使う遊びを工夫してしてみてください。

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまととのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
  
11月の予定は下記のとおりです。
2日(土)・15日(金)・16日(土)・22日(金)・30日(土)

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 91号(10月号)

肺炎球菌ワクチンについて

現在の小児用肺炎球菌ワクチン(7価)が11月1日より13価のワクチンに変わることになりました。ワクチンが変更になっても、接種スケジュールは同じですので残りの回数をスケジュール通りに接種してください。
平成24年5月1日以降に出生したお子さまで、初回接種3回を終了している方は残りの追加接種を11月1日以降になってから13価のワクチンを接種することが可能です。

マスク着用・手指消毒のお願い

当院では1歳以上の患者さまと保護者全員にマスクの着用をお願いしています。マスクをつけさせてくれいないという保護者の方もいらっしゃいますが、諦めずに少しづつ練習してみてください。
インフルエンザなど病気の拡大を防ぐためのマナーが必要です。マスクされずに咳をすると、目に見えなくても微小な唾やウイルスが飛び散ります。病院で病気をもらわない・周りにうつさないための対策を取っていきましょう。
また入口に手指消毒薬を準備してあります。来院時・帰宅時には消毒する習慣をつけてうがいと手洗いで感染防止に努めましょう。

心理カウンセリングだより

10月の予定は下記のとおりです。
4日(金)・12日(土)・18日(金)・19日(土)・25日(金)

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまととのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 90号(9月号)

インフルエンザ予防接種

いよいよ9月30日(月)よりインフルエンザ予防接種を開始する予定です。接種に関する詳細は院内掲示やホームページなどでお知らせしておりますので、ご希望の方は内容を確認の上ご来院ください。
*例年この時期に母子手帳を拝見すると、予防接種が進んでいないお子さまをお見かけします。感染症が多くなる前に予防接種を計画的に進めるよう、インフルエンザの予防接種が始まる前に、お子さまの母子手帳をご確認ください。

心理カウンセリングだより Q&A 来年から小学生

:来年から小学生です。就学時健診で知能検査があるって聞いたんですが、うちの子は大丈夫かちょっと心配です。
:もうすぐピカピカの一年生、おめでとうございます!このあいだまで赤ちゃんだったのに、大きくなったなあ、という気持ちと同時に、少し不安も感じておられるのですね。就学時健診は「学校保健法に基づき、お子さまが健康で楽しい学校生活を送ることができるように、あらかじめ心身の状態を把握するために実施しています。」(千葉市ホームページ)
健診の内容は、お住まいの自治体によって違います。
先生の言うことが理解できるかどうかを見ることはありますが、IQを計算するような「知能テスト」ではありません。ご心配であれば、普段の様子を見てくださっている幼稚園・保育所の先生に相談するのが確実だと思います。健診が実施される秋頃から、机やランドセルなど準備を始めるお宅があると思います。「もの」の準備と一緒に「こころ」や「うごき」の準備を始めるとよいでしょう。通学路を歩いてみたり、小学校のついて話したり・・・一番心配な気持ちを抱いているのはお子さん自身だと思います。「先生には『大丈夫ですよ』と言われたけど、やっぱり気になる」という親御さん、心理カウンセリング外来でもお話をお伺いしていますので、ご相談ください。

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまととのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
9月の予定:6日(金)、7日(土)、20日(金)、21日(土)、28日(土)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 89号(8月号)

なぜ風疹が流行しているのか?

“1回かかったら大丈夫”の誤解
「自分は子供のころに風疹に罹った、またはワクチンの接種を受けた記憶があるので大丈夫」という方がいらっしゃいます。はたして本当に大丈夫でしょうか?
まず予防接種については、1回の予防接種ではウイルスに感染するのを防ぐ「抗体」が体の中で十分に作られないケースが5%弱あります。つまり確実ではないということです。
また、過去に一度予防接種を受けたことがあっても時間の経過に伴って「抗体」が減少することがあり、感染する可能性があるということです。
このため今の子どもたちは2回接種を受けてワクチンの効果を高めていますが、平成2年4月1日以前に生まれた人(現在23歳以上の方)は、子どもの頃に1回しか接種の機会がありませんでしたので、「妊娠を希望している女性は特に2回受けてほしい」と呼びかけています。
一度風疹に罹った人は、生涯風疹に罹ることはありません。しかし、子どもの頃に風疹に罹った記憶がある方の中には、実際には「りんご病」など別の病気だったのを本人や親御さんが勘違いしているケースも少なくありません。ある専門家が風疹に罹ったことがあると答えた人の血液検査をしたところ、約半数が実際は風疹ではなかった、という調査結果があります。
「昔罹ったから、大丈夫。」という「思い込み」にはご注意ください。

なぜ20~40代の男性に多いのか
今年に入って国内の感染者は2000人を超え、昨年同時期の20倍以上を過去最悪のペースで感染が広がっています。患者様の8割近くが男性で、その大半が20代から40代です。ではなぜこの年代の男性に風疹患者が多いのでしょうか?それは子どもの頃、予防接種の対象でなかったり、対象であっても受けていなかったりして、抗体のない人が多いためなのです。
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は特に注意してください。中学生の時に学校で集団接種が行われていましたが、対象は女子だけでした。
昭和54年4月2日から昭和62年10月1日生まれの人は男女とも要注意です。この時期は男女ともに中学生がワクチンを接種することになりましたが、学校での集団接種ではなく個別に医療機関で受けることになったため、男女ともに接種する率が激減しました。
昭和62年10月2日から 平成2年4月1日生まれの人は、男女とも要確認です。男女ともに幼児期に接種する機会があり、接種率は比較的たかかったものの、受けていない人や1回の接種だけでは抗体が不十分な人がいて 、こうした20代から40代の間で今感染が広がっているとみられています。
当院では、成人の予防接種は行っておりませんが、情報として提供させていただきました。

椿の花通信 88号(7月号)

健診・予防接種時の母子手帳について

クリニックでは健診や予防接種に時に、記録のために母子手帳をお預かりしています。
小さなお子さんの場合は母子手帳の登場機会も多く、母子手帳1冊の中に、保険証、乳児医療券、各病院の診察券をまとめていらっしゃる方を多く見かけます。必要なものを忘れない工夫ですね。
一方、健診や予防接種の時に、その保険証や診察券が母子手帳からバラバラと落ちてくる・・・
ということもよくある光景です。どれもとても大切なものですので、こちらも紛失など無いよう細心の 注意を払っていますが、万が一のことがあったらと、気が気ではありません。
そこでお願いです。
母子手帳をお預けになる時には、中の保険証や診察券などを一時的に抜いていただくか、カバーから外して母子手帳本体のみを預けていただくととても助かります。
恐れいりますが、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

椿の花通信 87号(6月号)

心理カウンセリングだより Q&A 言葉の遅れは発達障害?

:3歳の男の子です。よその子と比べると明らかに言葉が遅いです。うちの子、発達障害なの?ネットで調べたら、当てはまる項目があって・・・心配です。
:調べれば調べるほど、心配になるお気持ち、わかります。よそのお子さんと比べてしますのも、親御さんとしてお子さんのことを思っているからこそ。
言葉の発達は身体の発達よりも個人差が大きいとされているので、よその子との違いがあって当たり前。単語や文章がきちんと発音できていなくても、ものごとに興味を持って、それを声や身振りで周りにいる人に伝えようとしていれば、「あと少し!」です。語彙が増える、二語文が出るなど発達のペースにも大きな個人差があります。
育児書やネットで調べて不安を募らせる前に、ご家族、お友達やお知り合いなど身近に相談できる人がいたら気軽に聞いてみてください。当院の心理カウンセリング外来でも相談をお受けしています。「遅れがあるかどうか」よりも、「どうしたら言葉の発達を後押しできるか」を一緒に考えていきましょう。

:『なんでも相談タイム』という看板を見かけたのですが、予約は必要ですか?
:『なんでも相談タイム』は、カウンセリングの予約の空き時間に実施しています。「こんな相談あり?」「予約を取るほどでもないけれど、ちょっと気になることが・・・。」という方、どうぞいらしてください。予約は必要ありません。看板が出ている時にはお気軽にお入りください。事前に開催時間を確認したい方は、受付にお尋ねください。

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまととのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
6月の予定:1日(土)、7日(金)、8日(土)、28日(金)、29日(土)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 86号(5月号)

待合室での過ごし方

インフルエンザの季節も終わり、4月から待合室のレイアウトもプレイスペースを設けた形に変更しました。季節がら元気なお子様が多くなったせいか、待合室を走りまわったり、プレイスペースで飛んだり跳ねたりしている姿をよく見かけます。
広い場所があると体を動かしたくなるのは、子どもの当たり前の心理です。でもそんな時こそ、していい場所としてはいけない場所があることを、ご家族がお子様に教えてあげるチャンスです。具合の悪いお友達を思いやる気持ちを教えてあげてください。
元々プレイスペースは、赤ちゃんや一人で椅子に座れない小さな子ども達のための場所です。もちろんそれ以外のお兄ちゃん・お姉ちゃんたちも本を読んだり、お話ししたりする分には問題ありません。でも場所を占領したり、赤ちゃんを危なくて寝かせてられないほどウロウロ歩き回ったり、飛んだりするのはご遠慮ください。
皆様のご協力をお願いします。

心理カウンセリングだより Q&A 揺すぶられ症候群

:テレビで「揺すぶられ症候群」という言葉を耳にしました。病気なの?普通にあやすだけでも、なってしまうのですか?
:「揺さぶられ症候群(揺さぶられっ子症候群)」は、激しく揺さぶられることによって乳幼児が脳内出血などをおこすものです。まだ首がすわっておらず、脳もやわらかい赤ちゃんを過度に揺さぶることで、頭のなかの脳や神経が傷ついたり出血を起こしてしまうのです。「激しく」「過度に」揺さぶることで起こるものなので、頭や首をしっかり支えてあやすのであれば、心配はありません。
ただ、「なんで泣き止んでくれないの?」と衝動的に揺すってしまいそうになることは、あるのでは。「生後1~2か月が最も泣く時期」、「何をしても泣きやまないことがある」などの特徴を理解し、「一度、赤ちゃんから離れて気持ちを落ち着かせる」などの対処方法を知っておくことが有効です。誰かに話を聞いてもらうだけでも、違います。医療機関や公的機関に相談してもよいでしょう。

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまととのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
5月の予定:10日(金)、11日(土)、18日(土)、24日(金)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader」が必要です。
こちらのバナーをクリックするとダウンロードできます。

つばきこどもクリニックは千葉県千葉市の小児科です。予防接種・乳児検診を行っています。お子さまの健康な毎日をサポートする小児科として、地域に根ざして医療を提供しています。インフルエンザの予防接種も早めにどうぞ。親御さん、お子さまご本人のこころの問題を解決へ導く心理カウンセリング外来も受け付けております。