MENU
千葉市中央区の小児科 つばきこどもクリニック

インフォメーション

椿の花通信

椿の花通信 86号(5月号)

待合室での過ごし方

インフルエンザの季節も終わり、4月から待合室のレイアウトもプレイスペースを設けた形に変更しました。季節がら元気なお子様が多くなったせいか、待合室を走りまわったり、プレイスペースで飛んだり跳ねたりしている姿をよく見かけます。
広い場所があると体を動かしたくなるのは、子どもの当たり前の心理です。でもそんな時こそ、していい場所としてはいけない場所があることを、ご家族がお子様に教えてあげるチャンスです。具合の悪いお友達を思いやる気持ちを教えてあげてください。
元々プレイスペースは、赤ちゃんや一人で椅子に座れない小さな子ども達のための場所です。もちろんそれ以外のお兄ちゃん・お姉ちゃんたちも本を読んだり、お話ししたりする分には問題ありません。でも場所を占領したり、赤ちゃんを危なくて寝かせてられないほどウロウロ歩き回ったり、飛んだりするのはご遠慮ください。
皆様のご協力をお願いします。

心理カウンセリングだより Q&A 揺すぶられ症候群

:テレビで「揺すぶられ症候群」という言葉を耳にしました。病気なの?普通にあやすだけでも、なってしまうのですか?
:「揺さぶられ症候群(揺さぶられっ子症候群)」は、激しく揺さぶられることによって乳幼児が脳内出血などをおこすものです。まだ首がすわっておらず、脳もやわらかい赤ちゃんを過度に揺さぶることで、頭のなかの脳や神経が傷ついたり出血を起こしてしまうのです。「激しく」「過度に」揺さぶることで起こるものなので、頭や首をしっかり支えてあやすのであれば、心配はありません。
ただ、「なんで泣き止んでくれないの?」と衝動的に揺すってしまいそうになることは、あるのでは。「生後1~2か月が最も泣く時期」、「何をしても泣きやまないことがある」などの特徴を理解し、「一度、赤ちゃんから離れて気持ちを落ち着かせる」などの対処方法を知っておくことが有効です。誰かに話を聞いてもらうだけでも、違います。医療機関や公的機関に相談してもよいでしょう。

当院では、乳幼児から中学生までのお子さまととのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。
5月の予定:10日(金)、11日(土)、18日(土)、24日(金)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 85号(4月号)

水曜日の診療体制について

4月17日(水)より院長の椿のみの診察となります。
14時からの予防接種は、当面お休みさせていただきます。
予防接種の時間をご希望の方は、木曜の時間帯をご利用ください。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

予防接種について

予防接種を受ける際には、母子手帳を必ずお持ちください。
母子手帳がないと接種できません。
ワクチン接種の種類のご連絡を必ずお願いいたします。
定期予防接種に保護者が同伴できない場合は、保護者が書いた委任状が必要となります。親族(祖父母、保護者の兄弟・姉妹)又は接種をするお子さまの健康状態を普段から熟知している方が同伴してください。委任状の用紙が必要な場合はお申し出ください。
日本脳炎予防接種の積極的勧奨が一時的に中止されていた時期(平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれ)の方は定期接種として予防接種を受けることができます。

心理カウンセリングだより Q&A 新学期

:新3年生の男の子。「学校に行きたくない」と言い始めて。どうすればよいですか?
:4月は新しい生活がスタートする時期。入園・入学、クラス替えや先生の交代など、新しい環境がストレスになるお子さんも少なくありません。何か特定の理由があるのか?慣れれば落ち着くのか?お子さんの話を聞き、様子を観察してみてください。先生と連絡を取り合うのもいいでしょう。親御さんは焦らず、「お父さん・お母さんは、あなたを見守っているよ。応援しているよ。」というメッセージが伝わるような言葉がけをお願いします。当院の「心理カウンセリング外来」でもお相談をお受けしています・

☆☆☆心理カウンセリング外来のご案内☆☆☆
★対象:乳幼児~中学生とその親御さん・ご家族
★相談内容:チック・爪かみ・夜泣きなどの気になる行動、言葉や発達の問題、登園渋り、不登校、かんしゃくへの対応など育児・子育てに悩み 他
★実施内容:親御さん・ご家族のカウンセリングやお子さんのプレイセラピー
★実施日:金曜日・土曜日(各隔週)(40分)(予約制。受付にお問い合わせください)
★「なんでも相談タイム」:予約の空き時間に「こんな相談ありかしら?」「ちょっと気になることが…。」という方のご来室をお待ちしております(不定期実施)

4月の予定:5日(金)、13日(土)、19日(金)、27日(土)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 84号(3月号)

麻疹・風疹ワクチンの接種はお済ですか?

【対象】
第1期:1歳以上2歳未満
第2期:小学校入学前の1年(4/1~3/31)
第3期:中学校1年生
第4期:高校3年生相当
公費(無料)での接種は25年3月31日までです。

また第3期、第4期は、今年度で終了となります。
まだお済みでない方は、期間内での接種をお勧めします。
接種は、水曜日・木曜日の予防接種のみのお時間のほかに診療ないでも可能です。
予防接種のみのお時間は混み合い、予約が取りにくくなっておりますのでお急ぎの方は診療内での御予約をお勧めします。
接種の際には母子手帳がないと接種できませんので、必ずお持ちください。
またワクチン接種のご連絡をお願いします。
健診と予防接種のお時間でのご予約の場合には、予約が取れた時点で、診療の時間内での場合は当日の診察の予約を取っていただき、接種当日来院されるまでにお電話でお知らせください。
皆様のご協力をお願いいたします。

心理カウンセリングだより Q&A チック

:最近、やたらと目をパチパチするようになって、ネットで調べたら「チック」ではないかと心配です。どうすればいいでしょうか
:まばたき、首ふり、咳払いなど繰り返すチックは、子どもにはよくみられるものです。無意識になっているものなので、注意しても直りません。チックの出る背景にはストレスがあるとも言われていますが、自然と消えていくケースが大半です。
チックそのものについては、しばらく「見て見ぬふり」で様子をみてください。また「ストレスのサイン」が出ていると思って、子どもの心身の状態や学校などの環境に注意をみてください。それでも気になるところがあれば、ご相談にいらしてください。

当院では、乳幼児から中学生までのお子様とそのご家族を対象に予約制で「心理カウンセリング外来」を行っています。詳しくはスタッフにお尋ねください。

今月の予定は、
3月:2日(土)、8日(金)、16日(土)、22日(金)、30日(土)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 83号(2月号)

インフルエンザの流行

千葉市内でもインフルエンザが大変流行してきています。
インフルエンザは発熱してから半日ほど経過していないとはっきりしません。午後からの発熱であればすぐに夜休診に行くよりも翌日かかりつけ医を受診する方が確実です。午前からの発熱であれば、午後の受診のほうがいいでしょう。
この時期は休日診・夜休診ともに受診者数が急激に増えるため、インフルエンザの迅速検査は行いません。感染したと思ったら効率のいい受診を心がけましょう。インフルエンザがご心配な状況でしたら、問診票にその旨をご記入ください。診察の前にインフルエンザの検査をさせていただきます。(結果が出るまでに15分ほど要するので、診察の時点で結果がわかり、待ち時間が少なくなります)
なお、検査は同月中に同じ医療機関で1回は保険で行えますが、2回目からは場合により自費になります(1,600円)。あらかじめご了承ください。
クリニックでは、インフルエンザが終息するまで待合室のレイアウトを変更し、院内での感染を少しでも防げるよう取組んでおります。ご協力ご理解の程お願い申し上げます。

マスクの着用をお願いします

インフルエンザや風邪が流行するこの時期。予防策として、手洗い・うがい・マスクの着用を心がけましょう。
当院では1歳以上の来院者全員にマスクの着用と来院時の手指消毒を お願いしています。
「マスクは上手に出来ないから付けない」「消毒はめんどくさがる」というお母様もいらっしゃいますが、 あげない・もらわない為に諦めずに少しずつ練習をしてみて下さい。
特にこの時期は多くの感染症の流行時期ですので、感染予防はもちろんお子さまへの「お手本」にもなりますので大人の方もマスク着用と手指消毒をよろしくお願い致します。

予防接種について

当院では予防接種をされる全ての患者様に、事前にワクチンのご連絡をお願いしておりますが最近ご連絡を頂けない事が多くなってきております。ワクチンの種類を問わず、ご連絡がないとワクチンがご用意できず、当日接種が出来ない事があります。

ワクチンの種類の電話連絡は・・・
診察内で予防接種→診察予約を取って、接種当日来院までに
健診と注射の時間での接種→健診・予防接種の予約を取り、予約が取れた時点で

ご協力どうぞよろしくお願いします。

椿の花通信 82号(1月号)

麻疹風疹混合ワクチン(2・3・4期)の接種期限が迫っています!!

平成24年度の麻疹風疹混合ワクチン(2・3・4期)の接種期限が、3月31日までに迫っております。来年小学校に就学するお子様・中学1年生・高校3年生に相当する方、が対象になります。中学1年生・高校3年生に相当する方の接種はこれで終了となります。
インフルエンザやノロウイルス性胃腸炎が流行してきており、もしかかってしまうと、治癒してから2週間は予防接種を受けることができなくなってしまいます。ぎりぎりまで待たずに、是非早々に接種されますよう、該当される年齢相当の方はご予約をお願い致します。その際には、接種されるワクチンの種類を電話にてお教え頂きますようお願い申しあげます。ご連絡を頂けなかった場合、ワクチンの在庫が不足してお断りすることもございますので、あらかじめご了承ください。

不活化ポリオワクチンと四種混合ワクチンについて

昨年9月1日から不活化ポリオワクチンが、11月1日から四種混合ワクチンが、それぞれ定期接種として導入されましたが、国家検定の遅れや生産不足などが重なり、1月現在、千葉市からの納入本数が制限されている状態です。そのため、あらかじめ予約をしていただいていても、ワクチンの種類の連絡をしていただけていない場合は、受付にて接種をお断りさせていただいております。
皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、当面はお手数でも接種するワクチンの種類を事前に受付まで連絡していただきたく、ご協力のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。

水曜日の診療体制について

昨年の12月から開院以来水曜日の外来を担当されていた舘野先生が、しばらくの間お休みをされることになりました。舘野先生の患者様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、引き続き院長が拝見いたしますのでどうぞよろしくお願い申しあげます。
また、舘野先生が復帰されるまでの当面の間、水曜日には東邦大学医療センター大橋病院小児科の若手医師が交代で診療を担当していただけることになりました。つきましては、当院の診療体制になれるまでにしばらくのお時間を頂戴いたしたく、水曜日の診療人数をこれまでの水曜日より少なく設定させていただきます。皆様のご理解とご協力を切にお願い申しあげます。

インフルエンザの出席停止期間について

学校保健安全法が昨年4月から改正され、インフルエンザによる出席停止期間の基準が、これまでの「解熱した後2日を経過するまで」に、新たに「発症した後5日を経過」が加わりました。さらに、未就学児については(幼稚園・保育園・保育所)「解熱した後3日を経過するまで」と改訂されました。これは、低年齢のお子様の方が長くウイルスを保持しているというデータに基づきます。千葉市医師会でも登校・登園基準をこの法律に基づくように改訂しております。皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

自宅療養期間(登園・登校・買い物等禁止期間)
◎小学生以上
発熱後5日間経過し、解熱後2日経過するまで

◎小学校入学前までのこどもたち
発熱後5日間経過し、解熱後3日経過するまで

椿の花通信 81号(12月号)

予防接種について

当院では予防接種をされる全ての患者様に、事前にワクチンのご連絡をお願いしておりますが最近ご連絡を頂けない事が多くなってきております。ワクチンの種類を問わず、ご連絡がないとワクチンがご用意できず、当日接種が出来ない事があります。

ワクチンの種類の電話連絡は・・・
健診と注射の時間での接種→前日まで
診察内で予防接種→当日の診察予約を取って、接種当日来院までによろしくお願いします。

心理カウンセリングだより Q&A 小学校入学を控えて

:他の子と比べて発達が遅いのでは?言葉とか集団遊びができないとか、聞き分けもよくありません。
:親戚のお子さんや保育所・幼稚園のお友だちと一緒だと、つい比べてしまうのは当たり前のことです。
親御さんとしては、「できないこと」「困ったこと」ばかり気になってしまうのだと思います。でも、ちょっと待ってください。他の子と比べて「できていること」「得意なこと」は?あるいは半年前、3か月前のお子さん自身に比べて「できるようになったこと」「成長したところ」を探してみてください。
それでも心配な事があれば、保育所・幼稚園の先生や医師、カウンセラーに相談してみて下さい。

:言うことを聞いてくれず、ついイライラ。何か対策はありますか?
:そんな時におすすめしたいのが、丹田(たんでん)呼吸法です。丹田とは、仙人になるための「気」を集める田のことで、おヘソのちょっと下にあると言われています。
やり方は、
①イスに浅く座り、丹田のあたりに手をあてる。
②からだを傾けながら、丹田から押し出すように、ゆっくり息を吐く。
③からだを戻しながら、丹田に取り込むように、ゆっくり息を吸う。
これをくり返します。
呼吸のリズムは、息を「吐く:吸う」を「2:1」の割合に。これを、1回につき10呼吸から20呼吸ずつ、1日1回または2回、行います。
新鮮な酸素を取り込むことで脳が活性化し、体内の循環も高まります。気になることは、ちょっと横に置いて呼吸に集中すると、気持ちも落ち着いてくるかもしれません。お子さんと一緒にやっても、いいですよね。 

当院では、乳幼児から中学生までのお子様とそのご家族を対象に予約制で「心理カウンセリング外来」を行っています。詳しくはスタッフにお尋ねください。

今月の予定は、
12月:7日(金)、8日(土)、21日(金)、22日(土)、28日(金)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 80号(11月号)

インフルエンザ予防接種期間の診療・進行について

今年も10月1日(水)からインフルエンザの予防接種がはじまりました。
当院では、おこさまだけでなくご家族もインフルエンザの予防接種を受けていただき、家族ぐるみでインフルエンザの予防ができればと考えております。そのため、接種期間中(10月から12月)は、普段の診察の方に加えて予防接種の方の枠を増やして対応させて頂いております。
この時期は来院される方が大幅に増える事、診察時間もインフルエンザの予防接種のみと病気の診察では異なる事、さらに保育所や学校が終わらないと来院出来ない方もいらっしゃるため番号通りの進行が難しく、早い時間帯ほどお呼びする番号や進行が早くなっております。また、夕方以降は番号通りにお越し頂いた方に加えて、遅れて来院された方と早めにお越し頂いた方が集中する事から、車が停められない、診察までの待ち時間が長くなるなど、ご不便をお掛けしております。普段より当院での診療の円滑な進行にご協力頂いている皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

11月の乳児健診ご希望の方へ

クリニックでは、現在小学校(3校)の嘱託医をさせて頂いております。11月は千葉市の健診業務に加えこれらの施設で就学前健診があり、水曜日・木曜日の乳児健診の時間帯を休止させて頂く事が多くなっております。11月に乳児健診をご希望の方には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。(3歳児以上の健診は一般診察時間内でも行っております。)
*無料券を利用しての乳児健診は、
①生後3か月から6か月(7か月になる前日)まで、
②生後9か月から11か月(1歳になる前日)まで、ご利用いただけます。
また、1歳半健診(集団健診後の内科健診)は、2歳になる前日まで受けることができます。

心理カウンセリングだより Q&A 小学校入学を控えて

:来年から小学校です。ちゃんと学校に行ってくれるかどうか心配です。
:机やランドセル、文房具の準備や就学前の健診(と面談)など、さまざまなことが具体的になってくるこの時期、親御さんが心配になるのは当然のこと。
「落ち着きがない」「集団生活になじめるの?」など、普段の生活に関する心配は、幼稚園や保育園の先生に相談してみるのはどうでしょうか。「ひらがなの読み書きが、まだ出来ない」「入学前に何ができていればいいの?」など、学習や入学準備に関することは、面談の際に小学校の先生に聞いてみましょう。
お子さんの気持ちのケアも忘れずに。入学を控えて楽しみな気持ちがふくらむ一方、新しい世界への不安を感じるのがこの時期です。お話を聞いてあげるようにしてください。いちばん不安なのは、お子さん自身かもしれません。

:カウンセリングを受けたことがないので、いったい何をするのか分かりません。
:まず最初にお困りごとについて親御さんやご家族から伺います。その後、どのようなかたちで進めていくかを心理士からご提案します。親御さんのご希望があれば、お知らせください。親御さんとのお話が中心になるケース、お子さんとのセラピーが主になるケース、半々のケースと、状況によって様々です。
当院では、乳幼児から中学生までのお子様とそのご家族を対象に予約制で「心理カウンセリング外来」を行っています。詳しくはスタッフにお尋ねください。
今月の予定は、
11月:9日(金)、10日(土)、16日(金)、24日(土)、30日(金)です。

担当:西村圭子(臨床心理士)

PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader」が必要です。
こちらのバナーをクリックするとダウンロードできます。

つばきこどもクリニックは千葉県千葉市の小児科です。予防接種・乳児検診を行っています。お子さまの健康な毎日をサポートする小児科として、地域に根ざして医療を提供しています。インフルエンザの予防接種も早めにどうぞ。親御さん、お子さまご本人のこころの問題を解決へ導く心理カウンセリング外来も受け付けております。