MENU
千葉市中央区の小児科 つばきこどもクリニック

インフォメーション

椿の花通信

椿の花通信 71号(2月号)

インフルエンザが流行しています!

 千葉市内でもインフルエンザが大変流行してきています。
1月29日現在で千葉市は流行発生警報基準値(1医療機関あたり1日30.0人以上)を32.52と上回っています。特に、中央区は55.75と一番多く、次いで美浜区の44.20となっています。現在の流行株はA型が82.4%を占めており、A香港型(A/H3N2)が主体となっています。年齢は、10~14歳、4歳、7歳で多く、子どもたちの間で流行していることがわかります。まだまだ流行レベルは高いままで推移しそうですので、マスクの着用・手洗い・うがいの励行につとめてください。
 インフルエンザは、発熱してから半日以上経過していないと検査をしてもはっきりしません。ですから、午後からの発熱であれば、すぐに夜間救急に行くより、翌日にかかりつけ医を受診された方が確実です。午前からの発熱であれば、午後の受診の方が良いでしょう。この時期は、休日救急・夜間救急ともに受診者数が急激に増えるため、インフルエンザの迅速診断検査は行いません。感染したと思ったときには、効率の良い受診を心がけましょう。
 インフルエンザがご心配な状況でしたら、問診票にその旨をお書き下さい。診察の前にインフルエンザの検査をさせていただきます(結果が出るまで15分程度を必要としますので、診察の時点で結果がわかり、待ち時間が少なくなります)。なお、同じ月に同じ医療機関で3回以上のインフルエンザ検査は保険では行えません。大変恐縮ですが、3回目以降は自費とさせていただきます(1700円)。あらかじめご了承下さい。
クリニックでは、インフルエンザが終息するまで、待合室のレイアウトを変更し、院内での飛沫感染を少しでも予防できるように取り組んでおります。ご不便をおかけいたしますが、ご協力ご理解のほどお願い申し上げます。

子宮頸がん等ワクチン接種事業の継続について

 千葉市では、子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの公費による助成事業が平成23年度に引き続いて平成24年度も継続されることになりました。詳細は、わかり次第クリニック内に掲示いたしますので、該当される年齢相当の方は、ご確認の上ご予約をお願い致します。

椿の花通信 70号(1月号)

あけましておめでとうございます

今年一年が皆様にとって、穏やかで素晴らしい年となりますように。
当院では、スタッフ一同、チームワークを大切に頑張っていきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

麻疹・風疹混合ワクチンの接種はお済みですか?

麻疹風疹混合ワクチンの接種はお済みですか?
今年度、接種対象者の皆様、接種はもう済まされたでしょうか?
期限が近くなってきました。まだの方はチャンスを逃さないように、
早めに接種するようにしてください。

1期・・・1歳以上2歳未満
2期・・・小学校入学前の1年間(幼稚園、保育所の年長児に相当)
3期・・・中学1年生に相当する年齢
4期・・・高校3年生に相当する年齢

2期~4期の対象者は平成24年3月31日までが期限となります。
期限を過ぎますと自費での接種となりますのでご注意ください。

待合室スペースでの過ごし方

「ここは病院ですよ」「危ないから走らないでね」などスタッフからの声かけを 聞いたことはありませんか?待ち時間が長くなってくると、どうしても広いスペースで 走ったり、ジャンプしたくなったりするようですね。 でも、具合が悪くて座ってもいられず横になっているお子さんもいらっしゃいます。 また、走って転んで頭をぶつけたりする事もあります。 広い待合室ですが、公園やプレイスペースではありません。
病院の待合室での過ごし方をお子さんに教えてあげてください。

保険証や乳児医療券は母子手帳から抜いて!

予防接種や健診の時に母子手帳をお預かりしていますが、中に保険証や乳幼児医療券、 他院の診察券などが挟まったままの様子をよくお見かけします。 とても大切なものなので、万が一紛失してしまっても困ります。 母子手帳をお預けになる時には、極力中に挟まっているものは抜いて頂けると こちらも安心です。よろしくご協力お願いいたします。

心理カウンセリングの予定

当院では乳幼児から中学生までのお子さまとそのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を 行っています。予約制です。
詳しくはスタッフにお尋ねください。

1月・2月の予定は下記のとおりです。
1月:6日(金)・14日(土)・20日(金)・28日(土)
12月:3日(金)・17日(金)・18日(土)・25日(土)

また予約の空き時間に「相談タイム」を実施しています。
「こんな相談ありかしら?」「ちょっと気になることが…」という方はお気楽にお入りください。
詳しくは受付にご確認ください。

担当:西村圭子(臨床心理士)

1月からの診療体制について

いつも予約が混み合ってしまい、なかなか皆様のご期待に添えない状況が続いており、大変申し訳なく思っております。
特に、この10~12月は、一般診察の時間内でインフルエンザワクチン接種を診察と並行して行っていたため、さらに混雑に拍車がかかり、「予約が全然取れなくて困った」という ご意見をいただきましたこと、深くお詫び申しあげます。
「病院の通信簿」に寄せられた皆様のコメントで、「予約の制限をしないで最後まで見てほしい」 というご意見をいただきました。
当院スタッフ一同は、基本的にそのようにしたいと思っているのですが、限られた時間の中では診察できる人数にも限度がありますし、また、医師会や保健所、教育機関への出動のために時間的な制約を受けていることもあるため、なかなか皆様のご希望に添える形にならないのが実情です。
そのようなことから、水曜日のみではありますが、2診体制を利用して、 少しでも多くの患者様に対応できるようにしたいと考えて、現状通り予約に際して医師を選ばないようにして、来院された順番に二人の医師で交互に対応していくことが一番効率よいと考え、実行することにいたしました。
是非とも事情ご賢察の上、ご協力お願い申し上げます。

椿の花通信 69号(12月号)

年末年始休暇のお知らせ

12月29日(木)は午前診察のみ。
12月30日(金)~1月5日(木)までを休診とさせていただきます。

ロタウイルス予防接種開始

11月21日より、ロタウイルスの予防接種が開始になりました。
料金は1回 ¥13,000
生後6週~24週までに計2回の接種。海外を含めて安全性のデータがないため、1回目接種のない方は3か月半(14週6日)までにお願いします。

インフルエンザ接種のおしらせ

年内のインフルエンザ接種は12月24日(土)を最終接種日とさせていただきます。
12月12日以降に1回目の接種をされた方は、2回目は当院では接種できません。
あらかじめご了承ください。

心理カウンセリングだより Q&A (朝の支度が遅い)

Q:食事や着替えに時間がかかって、朝が大変です。早くする方法は?
A:毎朝バタバタしてしまうのはなぜか?お子さまの様子を観察してください。
支度が遅いのは、動作がゆっくりなの?それとも動きが止まっているから?
“傾向”がわかったら、次は“対策”です。前日に準備できるものは?
朝食のメニューを考えてみるのは?テレビを消してみる?・・・・
「早く食べなさい!」でなく、「パワー全開にできるかな?」表現を変えてみるのはどうでしょう? ある程度の年齢であれば、本人のペースを尊重して任せてもいいのかもしれません。
当院では乳幼児から中学生までのお子さまとそのご家族を対象に「心理カウンセリング外来」を行っています。予約制です。詳しくはスタッフにお尋ねください。

11月・12月の予定は下記のとおりです。
12月:2日(金)・10日(土)・16日(金)・24日(土)
1月:6日(金)・14日(土)・20日(金)・28日(土)

また予約の空き時間に「相談タイム」を実施しています。
「こんな相談ありかしら?」「ちょっと気になることが…」という方はお気楽にお入りください。
詳しくは受付にご確認ください。

担当:西村圭子(臨床心理士)

椿の花通信 68号(11月号)

心理カウンセリングだより (兄弟げんか)

Q:年齢が近いせいか、兄弟げんかが絶えません。何とかしたいのですが…。
A:ささいなけっかけで兄弟げんかが始まって、大騒ぎ。手や足も出てしまい、仲裁に苦労されている親御さんも多いのではないでしょうか?
でも、ちょっと発想の転換を。
親御さんも騒ぎに巻き込まれていませんか?
忙しいときに騒がれて、自分もイライラしていませんか?
必要以上に介入していませんか?
ケガなどの行き過ぎには注意が必要ですが、日常的な兄弟げんかは人間関係づくりの練習と考えて、口を出さない用にしてみるのも、一つの解決方法かもしれません。
それでも困ったなぁと思うことがありましたら、ご相談ください。

11月・12月
の予定は下記のとおりです。
11月:4日(金)・12日(土)・18日(金)・26日(土)
12月:2日(金)・10日(土)・16日(金)・24日(土)

予約の空き時間に「相談タイム」を実施しています。
「こんな相談ありかしら?」「ちょっと気になることが…」という方はお気楽にお入りください。
詳しくは受付にご確認ください。

椿の花通信 67号(10月号)

11月の乳児健診・予防接種について

クリニックでは現在、小学校(3校)・保育所(2施設)・幼稚園(1施設)の嘱託医をさせて頂いております。11月はこれら施設で就学前健診や入所健診があり、木曜日の乳児健診や予防接種の時間帯を休止させて頂く事が多くなり、予約が大変とりづらくなります。11月に乳児健診をご希望の方には誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

インフルエンザ予防接種について

今年もインフルエンザの予防接種が始まります。接種要項・問診表・ワクチンの説明書きなどは院外に置いてあります。クリニックにによっても実施方法が異なりますので、接種要項をよくご確認のうえお越しください。なお、インフルエンザ予防接種期間中は、午後の診療枠が大幅に増えるため、連絡もなく予約された順番までに来院されない場合、かなりのお時間お待ちいただく事がございます。診療のスムーズな進行の為、ご協力いただけますようお願いたします。

心理カウンセリングだより

Q:「今日学校でどうだった?」と聞いても「別に。」どうしたら話してくれるでしょうか?
A:学年が上がるにつれて、子どもの世界は複数の構造に分化してきます。学校は学校、家は家と、それぞれ別々のものと捉えるようになるのです。学校のとこを逐一、親御さんにするのは報告は面倒に感じているのかもしれません。ただし、面白かったことや嫌だったことは、誰かに話したくなるものです。(大人だってそうですよね。)「あのね」と自分から話しかけてきたり、いつもはすぐ自分の部屋に行くのに居間でウロウロしていたりといったサインをキャッチしたら、すかさず「なぁに~?」と尋ねてあげてください。

10月・11月の予定は下記のとおりです。
10月:7日(金)・21日(金)・22日(土)
11月:4日(金)・12日(土)・18日(金)・26日(土)

予約の空き時間「なんでも相談タイム」を実施しています。
「こんな相談ありかしら?」「ちょっと気になることが…」という方はお気楽にお入りください。
詳しくは受付にご確認ください。

椿の花通信 特別号(インフルエンザワクチン接種について)

インフルエンザワクチン接種のおしらせ

料金:第1回目、第2回目とも2,500円
予防接種日:10月1日(土)から12月24日(土)まで
予約は、すべて前日の20:00~となります。
月・水・金:午後の診察時間内、土:診察時間内
平日午前中の接種は行いません。
(曜日ごとに診察予約の人数制限があります)

・接種希望の日の午後診察の順番を取った上で、受付にてワクチン接種とお申し出下さい。
・水曜日と木曜日の予防接種・乳児健診の時間で接種をご希望の方は、予約をされた時点で予め受付まで連絡をお願いいたします。
(ただし、ご家族の方を一緒に接種することはできません)。
・水曜日につきましては、医師2名体制にて対応いたしますが、医師を選ぶことはできません。
当院がかかりつけではない方は、かかりつけ医での接種をお願いいたします。
特に慢性疾患(気管支喘息・アトピー性皮膚炎・食物アレルギーなど)で別の医院(病院を除く)にて投薬・経過観察をされている方は、当院での接種をお断りいたします。あらかじめご了承下さい。
・予約のキャンセルは、必ずお願いいたします。
・順番通りに来院されなかった場合には、待ち時間が生じますことをあらかじめご了承下さい。
・12歳以下の方は、1回目の接種の2~4週間後に2回目の接種をすることをお勧めしております。
なお、12月12日(月)以降に1回目の接種をされた方は、2回目は当院では接種できません。
・生後6ヶ月から予防接種をうけられますが、離乳食で卵を食べたことのない方は、卵の入った製品(つなぎに卵を使用したはんぺんやかまぼこなど)を一度召し上がってみてください。
また、卵アレルギーを心配される方は、今年のワクチン接種を見送って下さい。
当院にて卵アレルギーと診断されて制限を行っている方で初めてインフルエンザワクチン接種をされる方は、事前に医師とご相談下さい。

注意事項
・予防接種にいらっしゃる前に、お子様に注射をすることをあらかじめご説明ください。接種に際して本人の了解が得られない場合、一度診察室をご退室願うことがあります。
・感染予防の観点から、来院者全員(1歳未満は除く)にマスクの着用をお願いしております。ご協力をよろしくお願いいたします。
・問診票は、診察前の体温以外すべて記入されたものをお持ち下さい。
・駐車場が一時的に混雑することも考えられます。お時間には余裕を持ってご来院下さい。また、駐車による近隣とのトラブルや違反には、当院は一切関知いたしません。

当日の準備
・当日は、診察券・記入済みの問診票を一括して受付に提出してください。
・予防接種は肩に行います。接種がしやすい服装でご来院ください。

椿の花通信 第66号(平成23年9月)

心理カウンセリングだより

9月・10月の予定は下記のとおりです。
9月9日(金)・9月16日(金)・9月24日(土)・9月30日(金)
10月1日(土)・10月7日(金)・10月21日(金)
10月22日(土)・10月29日(土)
「こんな相談ありかしら?」「ちょっと気になることが…」という方のための
「なんでも相談タイム」を実施しています。時間は受付にご確認ください。

インフルエンザ予防接種

10月1日(土曜日)よりインフルエンザ予防接種を開始する予定です。
皆様にご案内出来るようになりましたら、院内掲示やホームページなどでお知らせしますのでご覧ください。

椿の花通信 第64号(平成23年7月)

予防接種を受けましょう

予防接種を受けましょう 夏は冬などに比べ、病気も少なく予防接種をするにはとてもいい時期です。
ワクチンの打ち忘れはありませんか?
(麻疹・風疹ワクチンの追加接種期間は1年!!)
この時期を有効に使い、ワクチン接種を進めましょう。
また、任意ワクチンのHib・肺炎球菌ワクチン、子宮頚ガンワクチンは現在助成制度があります。
対象者は無料で接種出来ますので、この機会に接種をお勧めします。

はしか・風疹ワクチン 来年3月まで
対象者:小学校就学前(5歳以上7歳未満で小学校入学前の1年間)
    中学1年生
    高校3年生

Hibワクチン・肺炎球菌ワクチン
対象者:生後2カ月~5歳未満

子宮頚ガンワクチン 接種再開しました
対象者:中学1年生~高校2年生(高校2年生の方は今年の9月30日まで)

椿の花通信 第59号(平成23年2月)

インフルエンザが流行しています!

千葉市内でもインフルエンザが大変流行してきています。
1月21日現在で千葉県は、流行地域の第8番目で(沖縄・佐賀・福岡・宮崎・長崎・大分・宮城に次ぐ)、警報域に入っています。
現在の流行株は新型で、A香港型もみられています。まだまだ流行レベルは高いままで推移しそうですので、マスクの着用・手洗い・うがいの励行につとめてください。
インフルエンザは、発熱してから半日以上経過していないと検査をしてもはっきりしません。ですから、午後からの発熱であれば、すぐに夜間救急に行くより、翌日にかかりつけ医を受診された方が確実です。午前からの発熱であれば、午後の受診の方が良いでしょう。
この時期は、休日救急・夜間救急ともに受診者数が急激に増えるため、原則としてインフルエンザの迅速診断検査はやらないことになっています。
感染したと思ったときには、効率の良い受診を心がけましょう。
インフルエンザがご心配な状況でしたら、問診票にその旨をお書き下さい。診察の前にインフルエンザの検査をさせていただきます(結果が出るまで15分程度を必要としますので、診察の時点で結果がわかり、待ち時間が少なくなります)。
なお、同じ月に2回のインフルエンザ検査は保険では行えません。大変恐縮ですが、2回目以降は自費とさせていただきます(1700円)。あらかじめご了承下さい。
クリニックでは、インフルエンザが終息するまで、待合室のレイアウトを変更し、院内での飛沫感染を少しでも予防できるように取り組んでおります。
ご不便をおかけいたしますが、ご協力ご理解のほどお願い申し上げます。

スギ花粉症のシーズンが迫ってきました!

2010年夏は日照時間が長く、気温も高かったため、2011年シーズンは、例年の5~10倍の飛散量と言われています。
しかし、今年に入って寒波が続いており、花粉飛散開始時期は例年よりやや遅れそうです。
スギ花粉症にも、ぜん息と同様にコントローラーが必要となります。
治療の基本としては、少なくとも2週間前からは抗アレルギー剤の内服を行い、点鼻・点眼薬を組み合わせることになります。症状が出て苦しむ前に治療を開始して、快適な春をお過ごしください。

子宮頸がん等ワクチン接種事業の開始について

千葉市においても、子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの公費による助成事業が来たる2月15日から開始されることになりました(ただし、現在のところ23年度までの1年だけの事業です)。詳細は、わかり次第クリニック内に掲示いたしますので、該当される年齢相当の方は、ご確認の上ご予約をお願い致します。

PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader」が必要です。
こちらのバナーをクリックするとダウンロードできます。

つばきこどもクリニックは千葉県千葉市の小児科です。予防接種・乳児検診を行っています。お子さまの健康な毎日をサポートする小児科として、地域に根ざして医療を提供しています。インフルエンザの予防接種も早めにどうぞ。親御さん、お子さまご本人のこころの問題を解決へ導く心理カウンセリング外来も受け付けております。